葬式の費用の平均的な相場はどれくらいか

葬式をしなくてはいけなくなったときに、誰もが一番に考える事はまず費用ではないでしょうか。お金がかかるものとは感じていても、実際に幾らぐらいかかってくるのか自分たちが行う時になると全く想像が付かないものです。一般的な平均相場としては、120~150万円前後ぐらいはかかってくるといわれています。高いところでは200万円近くするので、遺族の負担としてもかなり重くのしかかってくる事でしょう。見積もりを出した時には葬儀そのもの本体部分のお金だけ担ってきますから、他にもお世話になる寺院に支払うお金と飲食関連でもてなすためのお金も考えておかなくてはいけません。貯金でまかなえればいいですが、そうできない時もあるでしょうから事前に料金の事も考えておく必要があります。

葬儀代の負担を減らすための工夫

多くの家庭で葬式にかかってくる費用は高いと感じていますので、やはり少しでもどこか削れないかと考えます。近年は香典も不要とする方も多いですし、飲食などはなるべく減らしているところも増えてきています。寺院への礼金は減らしにくい部分ですが、葬儀そのものの規模をこれまでのようなスタイルから、家族や近しい人だけを呼ぶこぢんまりとしたものにして葬儀本体の価格も抑えるような傾向にあります。身近な人が亡くなった時に、お金の心配をするというのも気が余計に滅入ってしまいます。減らせる部分は減らし、参列する方もなるべく少なくして、準備やお金の負担を減らしていくようにする事で、心身の疲労も軽減されてきます。見積もりも複数の会社で取って、ゆっくり見送りができるスタイルが好まれつつあります。

支払いに関しても予め確認をしておこう

高い葬式代ではあっても、最後のお別れとして頑張って準備をしていく中でどのように支払いを済ませられるのかも気を揉むところではないでしょうか。支払い方法は利用する業者によっても代わってきますが、現金、クレジットカード、ローンでの対応になる事が多いです。一括で支払いが出来ればよいですが、費用すべてを一気に工面するとなると難しいですから、クレジットやローンで分割してもらう事が出来れば、そちらを利用した方がいいでしょう。小さな形式の葬儀であれば高くても50~100万円、場合によってはそれ以下の金額でも葬儀を行える事も増えてきていますので、見積もりなどの相談をする時には、支払い方法やいつまでに払うのか期限についても確認しておくと、より安心して準備を進めていけます。