知っておきたい葬式の費用の豆知識

高いイメージがつきまとう葬式代ですが、実際にどんな事にお金がかかってくるのかはよく知らないという方も少なくありません。人に聞くのもはばかられますし、宗教によっても必要なものが変わってくるので、必ずしもその金額になるとは言えないからです。費用は葬儀本体がかなり占めてきますが、祭壇や仏壇、式場利用料、遺影や写真、お通夜などの司会、枕飾りに位牌など、細かくたくさんのものが使われ、お金がかかっている事が分かります。見積もりの時に本体一式というように記載してある場合にはどこに何が使われているのか分かりにくいので、きちんと明記してもらうようにしましょう。分かりにくい細々としたものは削れる事もありますので、料金を安くするには事前の相談がとても重要になってきます。

支出もあれば収入もあるので活用する

葬式はとにかくお金がかかるばかりだと嘆く方もいますが、収入がないわけではありません。誰もがすぐに思いつくのが香典だと思いますが、それ以外にも状況に応じて公的補助や個人の預貯金、保険金などもあるでしょうから、それらも活用できる範囲で葬儀に活用すれば費用の負担感もかなり減ります。短期間で葬儀の内容を決め準備をし、見積もりなども出してどこの業者に依頼するのかと考えていると、それだけでも疲れてきてしまいます。事前にどのようなサポートが受けられるのか、自分自身や預貯金についても分かる範囲で把握しておくだけでも葬儀の段取りがスムーズになります。葬儀代を控えつつ、入ってくるであろう収入をやりくりして、最後のお見送りを後悔のないように家族や近しい人と過ごせるようにして下さい。

葬儀に伴う費用は全体的に考える事

葬式を行うためにかかってくる料金の見積もりを取っている時には、本体のみの料金で計算されている事が殆どです。他にも寺院への謝礼や、飲食関連だけでなく、火葬料金などもかかってきます。何度も自分自身で葬儀を行う事はありませんから、見えてこない部分も出てきますし、思ってもいなかった料金が加算されてしまう事もあります。まず、必ず必要な部分の料金、そして自分たちの希望で追加または不使用を決められる部分、状況に応じて使う必要が出てくる部分など、かかってくるお金の内訳は見やすくしてもらうのもコツです。不要な部分であれば削ってもいいでしょうし、使わなくてもいいならその部分も使わないようにすれば金額も抑えられるので、明確に金額を提示してくれる業者を探すのもよいでしょう。