知っておきたい葬式にかかる費用

どんな人にも最後の時は訪れますが、その時に考えなくてはいけないのが葬式代です。昔から冠婚葬祭の一つでかなりお金がかかると誰もが思っている事でしょう。基本的には、葬儀一式として本体の費用がまず必要で、全体の半分以上を占めます。二つめは寺院にお世話になる時にお渡しするお金と、飲食接待費がそれぞれ全体の四分の一ほどかかってきます。この三つが主に葬儀を執り行う時にかかるお金となってくるので、実際に行う前には見積もりを取ってどのような費用内訳になるのかきちんと確認しておきましょう。それ以外にも細かくかかってくるお金もありますので、分からない時には不明なままにしておくと後で想像していた以上の金額になっていたという事にもなりかねませんから、しっかりと相談をしましょう。

内訳をきちんと確認しておきましょう

葬式代の中でも大きな金額を占める本体部分は、時には葬儀一式とまとめられてしまい、どこにどのようなお金がかかっているのか見えにくい時があります。内訳を出してもらうといろんなことにお金が使われていますので、分からない項目は必ず聞いておきましょう。葬儀前後で様々なお金を使いますが、寝台車や枕飾り、ご遺体の保存の際の処置、保管料やお棺の用意、そして式場を使うならそちらの使用料と多岐にわたります。祭壇の準備や遺影など、これまで葬儀に参列した事があるなら、何となくでも見たことがあるものも出てくるかもしれません。また、火葬など葬儀後の事も考えておかなくてはいけないので、業者や家族とも相談しながらどこにお金を使っているのかチェックは忘れずに行うことを心がけましょう。

少しでも安くしたいと思った時には

以前と比べれば葬式の費用は安くなってきたと言われています。けれども、どんな事にお金がかかっているのか分かっていなければ、どこを削っていいのかも分からないままに結局高いお金を支払ってしまう事になります。近年飲食関連はそれほどお金をかけずに行わない方もいますし、そもそも葬儀の規模自体を小さなものにして、本体価格を抑える向にもなっています。従来のような大きく他の方もたくさん呼んで執り行うような事もかなり減ってきました。最後のお別れですから、後悔のしないように故人を偲ぶために家族だけで行う機会も増えています。どのような葬儀であれば満足できるのか、生前に相談をしておくのは難しい事もありますが、お金がかかっている部分で必要なところとそうでないところを区別しておくことも大切です。